沿革

飛躍的に増大する橋梁の高齢化に対応するため、健全性を把握し適切に補修補強を施して橋梁の延命化を図ることが重要である。より複雑化高度化する維持管理の現場状況を踏まえ、実用的な業務支援システムを構築、その運用・普及を進め、効率的で安定した維持管理を果たすことが必要である。

旧延命化プロジェクトでは上記を果たすため各種の成果を取りまとめた。それらの成果のうち、特にソフト「橋の匠」について、普及と振興に努めてきた。しかし、「無関心による不使用」から「無理解による暴走的利活用」まで各種の使用状況が想定され、ユーザへの適切な「利活用のすすめ」を説く必要が生じている。また、ソフトの陳腐化回避、不具合事項の解消とともにソフトの維持更新・機能向上を図ることも重要と考えている。そこで、これらを果たすため旧延命化プロジェクトの後継、受け皿として旧メンバーおよび新規参加メンバーの結集により本研究会を立上げることとした。